ブログ|クレイスイーツやフェイクスイーツのオーダーは「PRESWEETS」

ブログ詳細

石粉粘土とは

2018年01月23日

 石粉粘土(せきふんねんど)とは石を粉末状にして接着剤などで粘土状にしたものです。石粉粘土は手につきにくく、まとまりやすくて柔らかさも水を加えることで調節できます。また、自然乾燥で硬化し、乾燥後は彫刻刀などで簡単に削ることができます。

 

型を使って成形する場合も型離れがいいので、油などを型に塗る必要はありません。ただ、少し硬めの粘土なので、型の細かなところまで行き渡らせるのにコツが要ります。

 

代表的な石粉粘土は3種類ほどあります。

 

フォルモ(パジコ社)
seppunn.jpg
 

 

 

 

 

 

 

ラドール(パジコ社)
seppunn02.jpg

 

 

 

 

 

 

ファンド(アートクレイ社)
seppunn03.jpg
 
 

 

 

 

 

 

私は、ラドールをよく使います。極めが細かいのが理由です。絞り出しクッキーを作るとき、エッジが効いたクッキーになるのでラドールに決めています。

 

フェイクスイーツ以外ではフィギュア制作に使われたり、型の原型を作成するために使われますね。フェイクスイーツでは軽量粘土を主に使うので、石粉粘土の登場はあまり多くはありません。

 

着色方法はアクリル絵の具を使いますが、方法が2つあります。

 

乾燥前、成形前にアクリル絵の具を練り込む

乾燥後に筆やスポンジで着色する

 

練り込む場合は絵の具の種類によって発色が変わってきます。

一番薄いのはアクリル絵の具、その次に水彩絵の具で、一番濃い発色はポスターカラーです。

 

筆で着色する場合はペタペタ塗っているときに石粉粘土が溶けてきてしまって色が交じるので、私は、ステンシルの要領でスポンジで叩くように着色します。

 

フェイクスイーツではありませんが、関連するものとして、ミニチュアの食器を作ったりもしますよ。

 

 

石粉粘土を扱う上での注意点

 

石粉粘土と樹脂粘土は相性が悪く、混ぜるとぼそぼそになってまとまりません。うっかりして混ぜてしまうと驚きの状態になりますから注意してください。案外、その状態から何かスイーツを考えるのも手かもしれませんね。

 

石粉粘土と軽量粘土は混ぜることでそれぞれの良さが出ます。石粉粘土だけでは練り込みの時の着色がしにくい傾向にあるのですが、軽量粘土を混ぜることで発色しやすくなります。ひび割れも少なくなり、軽量化できるので、よく使う方法です。目分量ですが、1対1で使うことが多いです。

一覧へ戻る

お問い合わせフォームはこちら

オンラインショップ

ショッピングガイド

一般社団法人プリザーブドフラワー&フェイクスイーツ協会
〒587-0041
大阪府堺市美原区菅生505-1

フェイクスイーツやクレイスイーツなどのオーダーを承ります。レンタルもありますので、ご利用用途に合わせてご依頼下さい!

  • 072-361-8238
  • 営業時間:10:00-18:00 定休日:日曜日、祝日
  • お問い合わせフォームはこちら

ページの先頭へ