ブログ|クレイスイーツやフェイクスイーツのオーダーは「PRESWEETS」

ブログ詳細

フェイクスイーツやデコスイーツ等でよく使われる、軽量粘土って?

2018年01月23日

 

軽量粘土とは

簡単に言うと、従来の紙粘土に発泡スチロールのようなものを混入して軽くし、ひび割れもしにくくした粘土のことを言います。

 

自然乾燥で固めることができます。使う前によく練って使用すると作りやすく、乾燥後のひび割れも少ないですね。ほとんどの軽量粘土は乾く時に10%ほど縮まりますが、見た目にはほとんど変わりません。乾燥時間は厚さにもよりますが、手で触れるくらいまでなら半日、完全に乾燥するまでには7日ほど見ていると良いと思います。

 

強度はそこそこありますが、傷に弱いのが難点です。キーホルダーのように常に傷がつきやすいものを作るのには適していませんが、インテリアなどあまり触れないものを作るのには最高の材料でしょう。

 

軽量粘土は油性でも水性でもアクリルでも着色することができます。絵の具と一緒に練り込んだり、乾燥後に筆などで塗って着色もできます。直射日光を避ければ、退色もほとんどありません。

 

軽量粘土でフェイクスイーツを作る際は、クッキーやアイスクリーム、マカロン、カップケーキなどが向いています。色んな方法でフェイクスイーツを作ることができますが、作品の均一化を図ろうをすれば、型を使用するのが良いと思います。

 

keiryo0.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

私が使っている軽量粘土はパジコ社のハーティソフトです。練っている時の柔らかさと気持ちよさは表現しにくいものがありますね。手につきにくく、着色用の色粘土を使ってもほとんど手が汚れません。整形もしやすいですよ。乾燥後も適度な柔らかさがあり、それもまた癒やしになります。

 

keiryo02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽量粘土を扱う上での注意点

軽量粘土を扱う上での注意点としては、先ほど言いましたが、傷かつきやすいということと、耐水性に欠けるというところです。少々の水であれば、ニスで対応できますが、水に長時間漬け込むような事があった場合は溶けてしまうことを覚えておきましょう。100均の軽量粘土は特に水に弱いので要注意です。

 

一覧へ戻る

お問い合わせフォームはこちら

オンラインショップ

ショッピングガイド

一般社団法人プリザーブドフラワー&フェイクスイーツ協会
〒587-0041
大阪府堺市美原区菅生505-1

フェイクスイーツやクレイスイーツなどのオーダーを承ります。レンタルもありますので、ご利用用途に合わせてご依頼下さい!

  • 072-361-8238
  • 営業時間:10:00-18:00 定休日:日曜日、祝日
  • お問い合わせフォームはこちら

ページの先頭へ