ブログ|クレイスイーツやフェイクスイーツのオーダーは「PRESWEETS」

ブログ詳細

クレイスイーツの粘土の種類

2017年11月29日

クレイスイーツとは、文字通り粘土で作ったスイーツのことです。

 

粘土と一口に言いましても、色んな種類の粘土を使い分けて作っています。

 

樹脂粘土

modena.jpg

厳密に言うと違いますが、簡単に言うとコーンスターチに木工用ボンドを混ぜて作ったものです。乾燥すると半透明になり、強度もあります。

 

着色も出来ます。私は、チョコレートを作るときや、シュガークラフトの花の部分を作るとき、ブルーベリーを作るときによく使います。難点は重たいということと、コストが高いというところですね。

 

軽量粘土

heartysoft.jpg

樹脂粘土に特殊な発泡スチロールを混ぜて作っておられる会社と、紙粘土に特殊な発泡スチロールを混ぜている会社があります。軽量と言うだけあって、乾燥するととても軽いです。

 

私は、マカロン、ケーキのコーティング、クッキー、いちご、カップケーキなどに使います。一番活用する粘土です。お気に入りは、パジコさんのハーティソフトですね。

 

感触がとてもいいので、ずっと触っていたい粘土です。癒やされます。

 

石膏粘土

Ladoll.jpg

乾燥すると石膏のようになる粘土です。とても重く、乾燥してから触ると冷たい、まさしく石膏のようです。彫刻刀で削ることも出来ます(乾燥後であっても)。

スイーツには使いませんが、カップケーキや、ロリポップケーキの芯にして重みを出すのに使っています。

 

液状粘土

modenapast.jpg

樹脂粘土をペースト状にしている粘土です。チョコレートのコーティングに使います。まさしくチョコレート以外の何物でもないリアルな作品になります。

 

粘土は空気に触れていると乾燥するので、作っている間はラップなどを被せて乾燥しないようにしながら制作しています。

 

それでも乾燥するので、霧吹きは欠かせません。

 

見てもすぐに粘土の違いは分かるのですが。触って、こねてみると本当にいろんな感触があるので、楽しいですよ。

一覧へ戻る

お問い合わせフォームはこちら

オンラインショップ

ショッピングガイド

一般社団法人プリザーブドフラワー&フェイクスイーツ協会
〒587-0041
大阪府堺市美原区菅生505-1

フェイクスイーツやクレイスイーツなどのオーダーを承ります。レンタルもありますので、ご利用用途に合わせてご依頼下さい!

  • 072-361-8238
  • 営業時間:10:00-18:00 定休日:日曜日、祝日
  • お問い合わせフォームはこちら

ページの先頭へ